×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

バァミ・トリニティ

ダークエルフは暗い色の肌を持ち、
かつて神と悪魔との戦いの際、悪魔側についたエルフ族で、
魔将軍『闇の女神』バァミ(エル=フィアナの封印)を信奉する。
バァミは黒後家蜘蛛の姿を持つ女性悪魔。

もともとアーシアの森からそう遠くない地域に住んでいたが、
神と悪魔の戦いの終結後、
善のエルフ族の台頭、そしてその後のローラシアンの繁栄によって、
多くは故郷を追われて行方をくらまし、
山岳地帯の地下を新たな根拠地とした。

以後、ほとんどの種族から忌み嫌われ、
ひっそりと暮らしてきたが、
昨今、3つの部族同士の協力体制ができあがり、
侵略開始の気運が高まりつつある。

ダークエルフの3部族:
1.ダークエルフ
灰色の肌。
最も人口が多い。大昔にバァミの風の神マハーバーラタに対する嫉妬が元で
変身させられた美しいエルフが始祖であると言われる。

2.シャドーエルフ
水色の肌。
ダークエルフの亜種で、魔力(霊感)が強いため、聖職者が多い。
女尊男卑の傾向が強く、男は奴隷のような扱いを受ける。
バァミに仕える祭司(女性)は、嫉妬深いバァミへの信仰の証明として、
配偶者をいけにえに捧げる儀式を経て一人前と認められる。
「いけにえ用」に敢えて愛情の無い相手と婚姻を結ぶのでも可。

3.ドロウエルフ
褐色の肌。
普通のエルフが悪魔に魂を売り、褐色の肌に変身した者やその子孫で、数は比較的少ない。
ごくまれに生まれるエルフとダークエルフの混血もドロウエルフに分類される。

マスター ドリスロール:ダークエルフ(エルフ)(2000?歳) 設定画

バァミの最も信頼を置く悪魔騎士の立会のもとに誕生し、
その祝福を受けたダークエルフの族長で、蜘蛛の毒を操る女性剣士。
飄々とした快活な性格で、困難な状況でも楽観的な態度で、状況を楽しもうとする。
俊敏で黒豹に例えられる。
長年、一族全体の悲運の責任を背負い、時には同族からも恨まれ続けてきたため、
正気を失わないためにはそういう性格でいるしかなかったとも言える。
内部の3つの部族の協力体制を作ることを進め、
シャドーエルフ、ドロウエルフの代表と
黄金のトライアングルホットラインを結成した。
3人の中では若輩(エルフィアナより年下?)だが、行動力に富んでいる。
逃げ隠れするだけの生活から、外への侵略に目を向けるようになる。

人材 シエンビ:ダークエルフ(エルフ)(??歳) 設定画

シャドーエルフの長老であり、バァミ崇拝の最高位の祭司。
群青色の髪。最高クラスの魔力を持つ。
ドリスロールに対しては参謀役を務めるが、
職業柄あまり現実的で理路整然とした考えはしていない。
多くのダークエルフは、彼女を前にしてひれ伏すことに判断の余地はない。
もの静かでおっとりしているが、気位は地位相応に高い。
同族以外に対しても、男性への扱いは冷淡。


人材 エル=グッスル:ダークエルフ(エルフ)(??歳) 設定画

ドロウエルフの武器鍛冶であり、稀代の名工。
ダークエルフにしては筋骨隆々で、いつも眉間に皺をよせている。
元は普通の(ただし体格のいい)エルフであり、
エルフのエリートの武装に使用される金属「ミスリル」の鍛造技術の第一人者であった。
エル=フィアナの父に弓・アルテミスを作り与えたのもグッスルであると言われる。
悪魔に手を貸し、ドロウエルフとなってからは、
新天地の山岳地帯で発見された、非常に硬い金属アダマンタイトの実用化に傾注してきた。
その鍛造技術は、血の誓いを結んだ少数の弟子に伝えられているのみで、
門外不出の専売特許である。
ドロウエルフの精鋭のアーチャーは、彼の作り出したアダマンタイト製のアーマーを着ることによって、
恐るべき防御力を手にする。


サブ バァミ・トリニティ暗部構成員:ダークエルフ(エルフ)(??歳)

ドリスロールの直属、ダークエルフの暗殺部隊構成員。
ドリスロールのためなら、どこへでも突撃していく彼らだが、
シエンビさんだけは怖いらしい。



ダークエルフは、ゲリラ的な戦いを得意とする近接暗殺者タイプのユニットであり、
シャドーエルフは魔法戦力タイプのユニットである。
また、ドロウエルフは、光と闇の属性が違う以外はエルフと同等の能力を持ち、弓と魔法で戦う。
高性能の金属アダマンタイトの鍛造技術を持っており、
それを利用した装備を使用して、防御力が高くなる。


バァミ・トリニティ一般兵
フォールエルフ ダークエルフ ダーククリーパー
シャドーエルフ アンライトウィドー  
ドロウエルフ アダマントアーチャー